Foreign Languages
キャッチくん

交通部

制限外積載等許可(県外等長距離・複数回にわたる、長大貨物、特殊車両等)に係る申請

道路交通法施行令で定める制限を超える大きさや積載の方法で貨物を運搬する必要があり、他の手段、方法ではその目的を達成できない場合(貨物が分割できない、分割や切断することで効用や価値を著しく損なうと認められる場合等)、出発地の警察署長の許可を受けて運転することができます。

 申請先

出発地を管轄する警察署

※ 目的地が県外の場合等は、審査に日数がかかる場合がありますので、早めの申請をお願いします。

 受付時間

平日 午前9時00分~午後5時00分

 

制限外積載

道路交通法施行令で定める制限を超える大きさや積載の方法で貨物を運搬する必要があり、他の手段、方法ではその目的を達成できない場合(貨物が分割できない、分割や切断することで効用や価値を著しく損なうと認められる場合等)、出発地の警察署長の許可を受けて運転することができます。

1 制限の内容(許可の対象)

次の 1. 又は 2. に該当する貨物を運搬する場合には、許可が必要となります。

  1. 積載物の長さ、幅、高さのいずれかが次の大きさを超える場合
    長さ:自動車の長さに10分の1を加えた長さ
    幅 :自動車の幅
    高さ:3.8m(高さ指定道路は4.1m、)からその自動車の積載をする場所の高さを減じたもの
    ※ 3輪及び軽自動車は高さ2.5mからその自動車の積載をする場所の高さを減じたもの
    ※ その他の車種の制限値は、お問い合わせください。
  2. 積載方法の制限値を超える場合花
    前後:自動車の長さの10分の1の長さを超えてはみ出す場合
    左右:車体の左右からはみ出す場合

2 許可基準

  • 形態上単一の物件であり、分割や切断で貨物の効用又は価値を著しく損なうと認められること。
  • 運転者の視野・ハンドル等の操作を妨げる、車両の安定性を害す、方向指示器等の灯火や車両ナンバーを確認できない等という積載方法ではないこと(道路交通法第55条第2項)。
  • 転落又は飛散のおそれの無い積載方法であること(道路交通法第77条第4項)。
  • 積載する車両の構造や道路、交通状況に支障がないこと。

3 許可の限度

  • 積載物の長さ:自動車全長に、全長の10分の5を加えた長さを超えないこと。
  • 積載時前後にはみ出す長さ:車体の前後からはみ出す長さが、自動車全長の10分の3の長さを超えないこと。
  • 積載した状態における全長:16.0mを超えないこと。
    (セミトレーラは17.0m、フルトレーラは19.0m、ダブルス連結車は21.0m)
  • 幅:自動車の幅に1.0mを加えたものを超えないこと。
    ただし、車体の左右から0.5mを超えないこと。
    積載時の幅が、3.5mを超えないこと。
  • 積載時の高さ:高さが、4.3mを超えないこと。

※上記数値は、大型自動車、普通自動車の数値です。
その他の車種の制限値は、お問い合わせください。

4 申請書類バス

  • 制限外積載等許可申請書
  • 自動車検査証の写し
  • 運転免許証の写し
  • 運転経路図
  • 積載時の状況図又は写真(積載時の長さ、幅、高さ等を記載してください)

各2部

また、必要に応じて審査に必要な資料の提出をお願いすることがあります。

例)下記の道路管理者による特殊車両通行許可証

5 道路管理者等の許可が必要な場合

車両の構造が特殊であったり、輸送する貨物が特殊なため、一般制限値を超える車両は、通過する道路を管理している道路管理者(国土交通省、県及び市町村)の通行許可「特殊車両通行許可」が必要です。詳しくは、通行する道路の管理者にお尋ねください。

一般的制限値

  • 長さ:12.0m、 幅:2.5m、 高さ:3.8m(指定道路 4.1m)
  • 重さ:総重量 20.0㌧(指定道路25㌧)

mizutama

 

※ エクセル様式はこちらです。

mizutama

設備外積載

車両の乗車又は積載のために設備された場所(例:トラックの荷台の上、ルーフキャリアの上)以外の場所に積載する場合は、出発地の警察署長の許可を受ける必要があります。

詳しくは、警察署交通課へお尋ねください。

1 許可範囲

次のいずれかに該当する場合で、他に積載の方法がないと認められるときに限ります。

  • 公職選挙法に定める選挙運動又は政治活動を行う場合
  • 社会通念上やむを得ないと認められる場合

2 許可基準

  • 運転者の視野・ハンドル等の操作を妨げる、車両の安定性を害す、方向指示器等の灯火や車両ナンバーを確認できない等という積載方法ではないこと(道路交通法第55条第2項)。
  • 転落又は飛散のおそれの無い積載方法であること(道路交通法第77条第4項)。
  • 原則として、道路交通法施行令第22条第3項に定める積載物の制限を超えないこと。

※ 道路交通法施行令第22条第3項の積載物の制限値(大型自動車、普通自動車の制限値です。その他の車種の制限値は、お問い合わせください。)

  1. 長さ:自動車の長さにその長さの10分の1の長さを加えたもの
  2. 幅 :自動車の幅
  3. 高さ:3.8m(指定道路4.1m)からその自動車の積載をする場所の高さを減じたもの
  • 車体から突き出さない積載方法であること。
  • 積載する車両の構造や道路、交通状況に支障がないこと。

3 申請書類

  • 制限外積載等許可申請書
  • 自動車検査証の写し
  • 運転免許証の写し
  • 運転経路図
  • 積載時の状況図又は写真(積載物及び積載時の長さ、幅、高さ等を記載してください)

各2部

mizutama

 

※ エクセル様式はこちらです。

mizutama

荷台乗車

  敬礼キャッチくん(小)背景なし荷台乗車の許可については、警察署交通課へお尋ねください。