人気者平成22年12月25日、伊達直人と名乗る人から群馬県の児童相談所へランドセルを贈られたことを皮切りに全国各地でも匿名で養護施設などへ寄付行為が相次ぎ、「タイガーマスク現象」と呼ばれるような社会現象になりました。

長崎県警察でも、匿名の方が長崎県警察へ現金を寄付されている「ASグループ基金」が60年以上続いていますので、ご紹介します。

昭和31年3月、「気の毒なお友達へあげてください。A子・S子17歳」という便りとともに現金が長崎県警察本部へ送られてきたのをきっかけに名前から「ASグループ基金」と名付けました。

その後、仲良しの同級生Y子さんも加わり、毎月のように送金されて来たこともあり、マスコミで報道されたことから全国的に反響があり、寄付される人や金額が増え、長崎県警察では「ASグループ基金」から福祉施設などに寄付していました。

その後、しばらくすると寄付される人や金額が少なくなりましたが、A子さん・S子さん・Y子さんは便りとともに寄付金を贈り続け、長崎県警察では昭和48年から毎年1回、「ASグループ基金」から「長崎県愛の福祉基金」に寄託することにしました。

悲しいことにY子さんは若くして亡くなられたのですが、その後も寄付される名前には、A子・S子・Y子と書かれていました。

平成16年12月、亡くなられた母親であるY子さんの遺志を継ぎ、Y子さんの娘さんから寄付がありました。Y子さんの娘さんは、現在でも1年に2回、近況の便りとともに現金での寄付を続けられています。

平成18年2月、寄付を50年間続けられていたA子さんとS子さんも高齢となり、50年の節目を迎えて卒業されました。

現在は、Y子さんの娘さんが寄付を続けられていて、長崎県警察では、その寄付金を「ASグループ基金」に入れ、1年に1回「長崎県愛の福祉基金」へ寄託しています。

令和3年は、Y子さんの娘さんから7月19日と12月17日に寄付がありました。また、Y子さんの娘さんの義弟の姉にあたるN子さんがY子さんの娘さんの話に賛同し、N子さんからもY子さんの娘さんと一緒に12月17日に寄付がありました。

寄付金は「ASグループ基金」として令和4年1月12日に「長崎県愛の福祉基金」に寄託しました。