申請用写真とは

1.要件

  • 申請前6か月以内に撮影されたもの
  • 無帽(ウィッグ、かつら等は原則着用できませんが、病気の方等には特例があります。)
  • 正面(目線や体も正対しているもの)
  • 上三分身(おおむね胸から上部分が撮影されているもの)
  • 無背景(単一色のもの。背景に凹凸等が入っていないもの)
  • 縦 3.0㎝ 横 2.4㎝(申請窓口に写真の裁断機等を準備しています。写真の裁断がご不安な方は事前に申請先へお尋ねください。)
  • その他、本人識別等を不明確にする要素が含まれていないもの(別ページ 運転免許証申請用写真の基準を参照のこと)

という要件を満たすものをいいます。

2.その他の条件

また、申請用写真は、更新、再交付等の場合において複写撮影機(申請用写真をスキャナで読み取り、免許証を作成する装置)により運転免許証を作成する他、一定期間申請書を保存するため、次のことを満たす必要があります。

  • 画像が不鮮であること(写真に横線や縦線が入ってないもの、目元がぼやけていないもの)
  • 申請者の顔の特徴について加工等がなされていないこと
  • 画像が時間の経過等によって、容易に変色、退色しないこと(写真印画専用紙に印画したもので、変色、退色、写真面が容易に剥がれないものが必要です)
  • 免許証として作成した場合に、免許証の写真が変色しないこと
  • 人物の頭の上に3~4ミリ程度の余白があること

上記の1及び2を満たすものであれば受理しますが、免許証を作成する際、適正に免許証が作成できないことが判明した場合は、写真の差し替えを依頼する場合があります。差し替えに応じて頂けない場合は、申請書不備として免許証の更新等が拒否されることがありますので、ご注意ください。
更新申請において、運転免許試験場及び即日交付警察署(西海、南島原、平戸、五島・新上五島・壱岐・対馬南警察署)で手続する場合は、写真不要です。

3.ご病気の方等の特例

ご病気等が原因で頭髪が抜けている方や宗教上、着帽を必要とする方は「かつら、ウィッグ、スカーフ」等の着用が認められる場合があります。お近くの警察署や運転免許試験場まで御相談ください。