幼い遺児に係る遺族給付金の引上げ

8歳未満の遺児がいる場合は遺族給付金がUP    
 

重傷病給付金の給付期間の延長  

重傷病給付金の給付期間を「1年」から「3年」に延長                         
  

仮給付金の額の制限の見直し

仮給付金(裁定に必要な事実の一部を認定できないため裁定できない場合に、暫定的に給付金の一部を支給するもの)の額について、給付金相当額の3分の1を上限としていたものが給付金相当額を支給可能に見直し                  
 

親族犯罪における減額・不支給事由の見直し

犯罪行為時、犯罪被害者又は第一順位遺族と加害者との親族関係が破たん(事実上の離婚、DVによる別居など)している場合
   3分の1支給 ⇒ 全額支給                                         
18歳未満の者に対する給付の特例
   犯罪行為時、18歳未満であった者が犯罪被害者又は第一順位遺族の場合
     不支給 ⇒ 全額支給                                                
親族の区分類型の合理化
   犯罪被害当時、第一順位遺族である兄弟姉妹が加害者と同居していた場合は不支給、別居していた場合は3分の2減額
          ⇓
     同居と別居の別を問わず、3分の2減額
四親等~六親等の親族が第一順位遺族
      3分の2支給 ⇒ 全額支給
その他
      加害者が人違いによって親族に対して犯罪行為を行った場合
         3分の1支給~全額支給(親等により異なる。) ⇒ 全額支給
      加害者が心神喪失の状態で親族に対して犯罪行為を行った場合
            3分の1支給~全額(親等により異なる。) ⇒ 全額支給