飲酒運転は重大な犯罪です!!

長崎県内の飲酒運転発生状況

飲酒事故年別推移(各年12月末)
令和元年 平成30年 平成29年 平成28年 平成27年
発生件数 54件 42件 57件 41件 71件
死者数 3人 3人 0 1人 4人
負傷者数 80人 56人 89人 55人 102人

飲酒運転の厳罰化、飲酒運転根絶に対する社会的気運の高まりにより、飲酒関係の事故は減少傾向にありますが、未だ尊い命が飲酒運転によって失われています。

飲酒運転の代償と罰則

「警察に見つからなければ…」「事故しなければ見つからないだろう…」 と考えてハンドルを握った結果…
酒酔い運転
アルコールの影響により正常な運転ができないおそれのある状態で車両等を運転した場合
 罰則 5年以上の懲役又は100万円以下の罰金
 違反点 35点(免許取消)
 
酒気帯び運転
呼気1リットル中、0.15mg以上のアルコールを体内の保有した状態で車両等を運転した場合
 罰則 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
 違反点 25点(呼気1リットル中0.25mg以上→免許取消)
     13点(呼気1リットル中0.15mg以上→免許停止)
 

みんなで根絶、飲酒運転!!

 飲酒運転の根絶するためには
・ お酒を飲んだら運転しない
・ お酒を飲んだら運転させない・同乗しない
・ 運転する人にお酒を提供しない・勧めない
ことが大切です。
 佐世保警察署では、飲酒運転の取締りを強化しているほか、「飲酒運転を許さない街づくり」のために「ハンドルキーパー運動」への参加を呼びかけたり、酒類の提供店などの関係業界に対して飲酒運転を抑止するための対策への協力要請をしています。
 みんなで飲酒運転を根絶させましょう!!

無題