令和3年6月末の交通事故発生状況(概数)

人傷事故 死者故 負傷者数 物損事故
発生件数 20件 0名 22名 159件
前 年 比 +3件 ±0名 +1名 +10件

高齢ドライバーの皆さん こんな事故にご用心!

1 渋滞中の道路での追突事故・・・脚力や判断能力の低下によりブレーキ操作が遅れがち                                                                  ・事故防止のポイント                                                                                                                 先々の交通状況にも目配りして、前の車の減速、停止を先読みする。

2 信号機のない交差点での出会い頭事故・・・視野が狭くなるため、危険を見落としやすい                         ・事故防止のポイント                                                         意識的に顔を左右に向けて、交差する道路の安全を確認する。

3 右折時、対向直進車との事故・・・遠近を判断する深視力の低下により、対向直進車との距離を見誤りやすい                                                                    ・事故防止のポイント                                                                                                                       対向車線の車がまだ遠くに見えても、通り過ぎるのを待ってから右折する。

4 郊外の直線道路での正面衝突、単独事故・・・視線が一点に固定され、ぼんやり運転に陥りやすい                                        ・事故防止のポイント                                                         意識的に視線を動かして注意力の低下を防ぎ、疲れを感じたら休憩する。

 

高齢者運転者と助手席にキャッチくん

 

 

 

 

 

 

 

 

高齢ドライバーの皆さんへの安全運転のポイント

1 体調が悪いときは運転を控えましょう                                                体調が優れないと運転に集中できなかったり、急に具合が悪くなることがあります。

2 天気の悪い日は運転を控えましょう                                                 雨の日や雪の日などは、視界が悪く危険を見落としたり、スリップしやすいので注意が必要です。

3 夜は運転を控えましょう                                                      夜は周囲が暗いため、歩行者を見落としやすくなるなど、周囲の危険に気づきにくくなります。

4 慣れない道での運転は控えましょう                                                 知らない道では道路標識を見落としてしまうなど注意力が散漫になり、とても危険です。

人も車も交通ルールを守って交通事故を無くしましょう!

歩行者の交通死亡事故を見ると、道路横断中の歩行者が自動車と衝突する事故が多く発生しています!                                         ・歩行者は、横断歩道が近くにあるときは、必ず横断歩道を利用しましょう!                                                              ・歩行者は、車両等の直前や直後の横断、斜め横断、横断禁止場所での横断を絶対しないようにしましょう!                                     ・ドライバーは、横断歩道は歩行者優先であることを意識しましょう!

高齢者

 

 

 

 

 

 

ー運転に不安を感じたら・・・免許返納も考えましょうー

・最近、見落としが増えた・・・、よくヒヤリとする・・・、車をぶつけることが多くなった・・・など、運転に自信がなくなったら、免許を自主返納することを考えましょう。                                                        ・免許を返納した人は、申請により、公的な身分証明書として使うことができる運転経歴証明書の交付を受けることができます。

運転経歴証明書 (2)