古物営業法の一部が改正され、平成30年4月25日に公布されました。

 主な改正点は、

1 営業制限の見直し

2 簡易取消しの新設

3 欠格事由(暴力団等)の追加

4 主たる営業所等の届出(経過措置)関係

です。

また、古物営業法の改正に伴い、古物営業法施行規則も改正されています。

上記1~3については、平成30年10月24日から施行されます。

上記4については、公布から2年を越えない範囲内で施行されます。

詳しくは、下記「関連ファイル」からご確認ください。