1.更新申請の期間(手続きができる期間)

免許証の有効期間の誕生日の1か月前から満了日(誕生日の1か月後)までの間。
ただし、有効期間の末日(誕生日の1か月後)が土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始(12/29~1/3)にあたるときは、これらの日の翌日が有効期間の末日とみなされます。

警察署の執務時間外は手続きを行いません。
満了日の午後5時までに手続きを済ませていない方は、満了日の午後12時(夜の12時)までに、県内の警察署に出向いて指示を受けてください。

2.更新申請先

県内すべての警察署又は運転免許試験場

諫早、大村、川棚の警察署では、一般・違反・初回講習は実施していませんので運転免許試験場又はその他の講習場所で受講することになります。

3.免許証の交付

(1)即日交付

運転免許試験場と西海、南島原、平戸、五島、新上五島、壱岐及び対馬南警察署では、講習終了後に免許証を交付します。

(2)後日交付

即日以外の警察署で手続きをされた場合は、手続きをした警察署で後日の指定日に交付します。

(3)経由申請

優良運転者(A)は、長崎県以外の全国の公安委員会で更新できます。(「住所地外公安委員会での更新手続」欄をご覧下さい。)
講習区分などによって手続きが異なりますので、下記をよく読んでください。

(4)代理受領

免許証の受領は代理で行うことができます。事前に連絡のうえ、下記のものを持参して下さい。(更新申請は本人しかできません。)

  • 本人が記載した「委任状
  • 代理人の身分を証明するもの(免許証、保険証等)

講習の種類等によって必要書類が異なる場合がありますので、詳しくは警察署や運転免許試験場にお問合せ下さい。

4.申請に必要なもの

  • 運転免許証
  • 申請用写真1枚(カラー又は白黒)

menkyophoto運転免許試験場、西海、南島原、平戸、五島、新上五島、壱岐及び対馬南警察署で手続きをする場合は、写真は不要です。(持参した写真により撮影することもできます。なお、この場合運転免許試験場以外では後日の交付となります。)ただし、更新申請と再交付申請を併せて行う場合、又は免許の効力が停止されている場合は、申請用写真が必要です。

6か月以内に撮影したもの。
無帽、正面、上三分身、無背景
(詳しくは「申請用写真について」の欄をご覧下さい。

  • 公安委員会発送の「運転免許証更新連絡書」
    (更新連絡書がない方は、申請窓口で申告してください。)
  • 手数料(講習区分〔優良、一般、違反、初回〕によって異なります。)
  • 印鑑(免許証受領用)
  • 免許証の記載事項(住所等)の変更をする方は、証明書等の提出が必要となりますので「記載事項の変更」をご覧下さい。
  • 高齢者講習対象者(70歳以上)は先に受講した「高齢者講習終了証明書」等
    (高齢者講習については「高齢者講習(70歳以上の方)」に該当する場合」をご覧下さい。)
  • 視力検査を実施しますので、眼鏡等が必要な方や視力に不安がある方は、眼鏡やコンタクトレンズを事前にご用意下さい。
    不合格の場合は更新手続きができません。合格基準については「更新時の適性検査基準一覧表」をご覧下さい。)

5.更新時の講習

① 講習の受講義務

更新する場合は、講習を受講しなければ免許証の交付はできません。

② 講習の区分

更新時の講習には「優良講習」、「一般講習」、「違反講習」、「初回講習」、「高齢者講習(70歳以上)」があり、どれに該当するかによって手続きが異なります。
講習区分は、公安委員会発行の「更新連絡書」で確認してください。
(更新連絡書がない方は、警察署の窓口でお尋ねください。)

③ 注意

手続きについては、下記の該当する項目をクリックしてください。

この他に、特定任意講習(更新申請する日前6か月以内に、基準に適合する講習を受講した方)がありますが、この講習を終了した方は更新時の講習を免除されます。更新申請時に、「特定任意講習終了証明書」を提出してください。

手続きについては、下記の該当する項目をクリックしてください。