外国の運転免許証をお持ちの方へのご案内
(外国の運転免許証をお持ちの方が日本国内で運転する場合)

1.運転できる免許証

外国の運転免許証をお持ちの方が、日本国内で運転するためには、次のいずれかの免許証を所持し、条件を満たしている必要があります。

  • 日本の運転免許証
  • ジュネーブ条約に基づく国際運転免許証
    (様式も合致している必要があります)
  • 外国運転免許証制度の対象国の運転免許証
    (エストニア、スイス、スロベニア、ドイツ、フランス、ベルギー、モナコ、台湾)

※ 領事機関または日本自動車連盟(JAF)が作成した免許証の翻訳文が必要
※ 平成25年12月1日より、スロベニアとモナコが外国運転免許証制度の対象国に追加され、イタリアは同対象国から除外されました。これは、イタリアがジュネーブ条約に基づく国際運転免許証を発給することとなったためです。
※平成30年4月1日より、エストニア共和国が外国運転免許証制度の対象国に追加されます。

2.運転できる期間

日本の運転免許証

免許証に記載された有効期間内

国際運転免許証及び外国運転免許証制度の対象国の運転免許証

  • 免許証が有効期間内であること
  • 本邦上陸の日から起算して1年を経過していないこと

の2つの条件を同時に満たしていることが必要です。

住民基本台帳に記録されている方が出国し、短期間(3ヶ月未満)のうちに帰国した場合は上陸の日の起算日となりません。従って、日本人や来日して1年以上経過されている方は、日本から3ヶ月以上出国していないと、例え有効な免許証であっても日本では運転できないので、あらかじめご注意ください。