高齢運転者等専用駐車区間に駐車する場合、事前に高齢運転者等標章の申請が必要となります。

この制度は、身体機能の低下が運転に影響を与えるおそれのある高齢運転者等を、安全で快適な駐車環境を提供することにより支援し、交通事故の防止を図ることを目的として、平成22年4月19日に施行されたものです。

また、一定の障がいがある方や妊娠中・出産後8週間以内の方も身体機能の制限が運転に影響を与えるおそれがあることから、同じくこの制度の対象となっています。

高齢運転者等専用駐車区間の設置場所

長崎市内 4区間8台分

  • 新地町 市民病院裏通り 2台分 8:00~20:00
  • 興善町 市立図書館横  2台分 8:00~20:00
  • 丸尾町 丸尾郵便局前  2台分 8:00~22:00高齢運転者等標章
  • 小峰町 本原市場付近  2台分 8:00~20:00

佐世保市内 1区間2台分

  • 高砂町 中央福祉保健センター前 2台分 8:00~20:00

駐車枠マップ

水玉

高齢運転者等標章の交付対象

高齢者高齢運転者等標章の交付の対象となるのは、普通自動車を運転することができる運転免許を受けている方で、

  1. 年齢70歳以上の方
  2. 聴覚障がい又は肢体不自由で運転免許に条件が付されている方
  3. 妊娠中又は出産後8週間以内の方

※聴覚障がいや肢体不自由など障がいのある方は「駐車禁止除外標章」の対象となる場合があります。詳しくは、最寄りの警察署交通課又は警察本部交通規制課へお尋ねください。

申請に必要なもの

  • 高齢運転者等標章申請書(各警察署に用意してあります。)
  • 運転免許証
  • 申請車両の自動車検査証
  • 妊娠中または出産後8週間以内の方は、妊娠の事実又は出産日を証明できる書類(母子健康手帳等)

申請先

住所地を管轄する警察署交通課

受付時間

平日 午前9時00分~午後5時00分

標章使用時の注意事項

  • 標章を使用し、高齢運転者等専用駐車区間に駐車することができるのは、高齢運転者等(上記標章交付対象者1、2、3に該当する申請者)が運転する場合に限ります。
  • 交付を受けた高齢運転者等標章を車両前面のわかりやすい場所に掲出してください。
  • 高齢運転者等標章を他人に譲り渡したり、貸与したりできません。
  • 高齢運転者等標章の表面に記載された車両(申請車両)以外では、使用できません。
  • 次の場合は、速やかに高齢運転者等標章を返納してください。
    ・ 普通自動車対応免許が取り消され、又は失効したとき
    ・ 再交付を受けた場合で、亡失した標章を発見したとき
    ・ 妊娠中又は出産後8週間以内であることを理由に標章の交付を受けた場合で、
    その理由に該当しなくなったとき
  • 標章の記載事項に変更があるときは、速やかに届け出てください。

申請書様式

新規に申請する場合

住所変更等記載事項を変更する場合

紛失、汚損等で再交付申請をする場合

※様式を取り出して使用することもできますが、申請書は警察署に準備していますので、申請時に警察署で記載することができます。

問合せ先

敬礼キャッチくん(小)警察本部交通規制課又は警察署交通課へお尋ねください。