世界規模のサイバー攻撃で、ランサムウェア(身代金要求型ウイルス)による被害が確認されています。

日本においても大企業が被害を受けたと報道されました。
パソコン等の端末がランサムウェアに感染すると、パソコン内のデータが勝手に暗号化されたりして使用できなくなります。
攻撃者は、これを回復させるには金銭が必要であると、まるで身代金のような要求をしてきます。
被害に遭わないようにパソコン等のセキュリティ対策を実施しましょう。

セキュリティ対策のポイント

  • OSやソフトウェアを更新し常に最新の状態にしましょう。
  • ウイルス対策ソフトを活用しましょう。
  • 不審なメールは開かないようにしましょう。
  • パソコン内のデータをバックアップしましょう。

詳しくは関連ファイルの「ランサムウェアについて」を御覧ください。