薬乱車
これまで長崎県警察では、少年の覚醒剤などの薬物乱用を防止するため、小型バスの薬物乱用防止広報車、初代「あすなろう号」を学校での講演や地域の集会等に派遣して、薬物の恐ろしさなどを薬物の見本やビデオ、パネルを使ってお話ししてきましたが、平成29年6月、更に小型化して生まれ変わった二代目「あすなろう号」が誕生しました。

あすなろう号見学

名前は「あすなろう号」

「あすなろ」の木のように、子どもたちが明日に向かって健全に強く育ってほしい、そんな願いが詰まっています。
この車両と講演を行う警察職員を派遣して、みなさんに覚醒剤などの薬物の恐ろしさを分かりやすくお知らせしています。

搭載物件

あすなろう号はこんな車です

  • ワンボックスカー(日産:NV350)です。
  • 車両後部に50型テレビモニターを搭載、広報用ビデオの放映を行います。
  • 覚醒剤や大麻等の薬物見本や薬物乱用防止に関する写真・パネルの展示を行います。 

あすなろう号に関する問合せ

あすなろう号に関するお問い合わせは、
最寄りの警察署生活安全課又は長崎県警察本部少年課まで