不正アクセス行為には、「他人の識別符号を無断で入力する行為」と「識別符号以外の情報または指令を入力する行為」があります。

他人の識別符号(ID・パスワード)を無断で入力する行為

他人のID・パスワードなどを無断で使用するなどしてサーバー等にログインする行為

識別符号以外の情報または指令を入力する行為

いわゆるセキュリティ・ホール(プログラムのバグやアクセス管理者の設定上のミスなどコンピュータシステムの安全対策上の不備)を攻撃する行為

不正アクセス行為を助長する行為も罰せられます

他人のID・パスワードを第三者に提供する行為で、オンライン・オフラインの別や、利益授受の有無に関係なく処罰されます。