新上五島警察署・高齢社会総合対策

近年、高齢者を巡る治安状況は、高齢者の交通事故の多発や特殊詐欺被害の急増等これまで以上に複雑・多様化の様相を呈しており、長崎県もその例外ではありません。そこで、長崎県警察では交通事故抑止対策、犯罪対策、災害対策等の高齢社会総合対策を推進しています。

平成30年度は「若松地区」を重点地区に指定し、鋭意活動中

新上五島警察署では、平成30年度高齢社会総合対策重点推進地区に「若松地区」を指定し、4月11日に指定書及び委嘱状の交付式を行いました。

その後は関係機関・団体、事業者や地域住民の方々と連携・協働した、官民一体となった取組を順次推進し、高齢者が安全で安心して暮らせる社会づくりの実現を目指しています。