警察における犯罪被害者のための支援活動

警察では、犯罪被害者やその遺族方々の被害の回復・軽減・再被害防止などを図るため、行政・医療・司法などの関係機関や民間被害者支援団体などと緊密に連携し、被害者の視点に立った、きめ細やかな支援活動を行っています。

犯罪被害者のための取組み

1 被害者への情報提供
 ・ 「被害者の手引き」の作成・配布
 ・ 被害者連絡制度の運用
 ・ 交番等の地域警察官による訪問連絡活動の実施

2 捜査過程での被害者の負担軽減
・ 施設等の整備・改善
・ 各種公的負担制度の運用
・ 指定被害者支援用陰性度の運用
・ 女性被害者に対する女性警察官の運用
・ 被害者支援カウンセラー派遣制度の運用

3 犯罪被害給付制度の運用
  犯罪被害給付制度とは、犯罪被害者の遺族や身体に障害を負わされた犯罪被害者の方に対して、国が犯罪被害者等交付金を支給し、その精神的、経済的打撃の緩和を図っています。

4 被害者の安全の確保
・ 再被害防止措置の実施

5 関係機関・団体との連携
  長崎県被害者支援連絡協議会や被害者支援地域ネットワークを設立し、関係機関・団体と連携した被害者支援に取り組んでいます。

相談窓口

長崎県警察本部内 犯罪被害者支援室  095-820-0110(代) 

稲佐警察署警務課  095-822-0110(代)

[お問い合わせ時間]   月曜~金曜日  09:00~17:45