1 はじめに

熱中症は、体温の上昇と調節機能のバランスが崩れて起こる症状です。高齢者とキャッチくん
特に高齢者の方は、気温が高くても暑いという感覚がないまま症状が出ることがありますので熱中症に注意しましょう。

2 こんな症状があったら「熱中症」を疑いましょう!

  • 軽度の症状 ~ めまい、立ちくらみ、筋肉痛、汗がとまらない
  • 中度の症状 ~ 頭痛、吐き気、体がだるい、虚脱感
  • 軽度の症状 ~ 意識がない、けいれん、まっすぐ歩けない 

3 熱中症にならないためのポイント!

  • 体調を整える
    睡眠不足、風邪気味、体調の悪い時、暑い日は外出を控えましょう
  • 服装に注意
    通気性の良い洋服を着て、外出時は日傘や帽子をかぶりましょう。
  • こまめに水分補給 
     「のどが乾いた」と感じた時は、すでに水分不足です。
     のどが乾く前に定期的に少しずつ水分を補給しましょう。
  • 部屋の温度をこまめに調節
    扇風機やエアコンを上手に使って、部屋の温度を調節しましょう。
  • 年齢も考慮に入れて
    体力が衰え始めた高齢者の方は、熱中症になりやすいので年齢を考慮して予防を心がけましょう。

4 応急処置 ~効果的な方法~

  • 涼しい場所へ避難し、服をゆるめて風通しを良くする。説明している様子(背景なし)
  • 体を冷やす時は、首すじ、脇の下、足の付け根を冷やすと効果的です。
  • スポーツドリンクなどの飲み物や塩分を補給すると効果的です。