明治の歩みをつなぐ・つたえる~明治150年関連施策~

 長崎県警察では、明治150年関連施策の基本的考え方である「明治以降の歩みを次世代に遺す」「明治の精神に学び、更に飛躍する国へ」を念頭とした広報データを、平成30年3月16日から長崎県警察本部1階情報発信スペースに設置しているデジタルサイネージを使用してスライドショー形式で放映しています。

 

放映時間                                                                    〇平日午前11時から午後0時頃及び午後1時から午後2時頃までの間
          (平成30年年12月28日(金)放映終了)                                                                                 〇広報データの内容(骨子)     
 (1) 日本の警察制度の誕生  
 (2) 警察の父、川路利良大警視
 (3) 警察手眼
 (4) 明治から昭和へ
 (5) 長崎県警察の沿革(主なもの)
 (6) 現代の長崎県警察

明治以降における警察の歩み等(デジタルサイネージ広報資料)